fc2ブログ
鹿島アントラーズ

高円宮杯プレミアリーグ 第3節

  高校年代最高峰のリーグ戦 「高円宮杯プレミアリーグ」 が4月初旬から始まっています。 日曜日には第3節が行われ、鹿島ユースはアウェイで流通経済大柏高校と対戦しました。

  勝負は2-2のドロー決着となりました。 立ち上がりのセットプレーから失点し、なかなかうまく攻守のリズムが作れないまま、前半のうちに追加点も与えてしまったようですね。

  2点のビハインドを負い、後半に選手交代をしたことで、攻めのリズムが生まれました。 60分に1年生ボランチ福岡のシュートがゴールネットを揺らし、1点差に追いつきます。
  その3分後には1年生アタッカーの吉田がロングボールを収め、相手と競りながらフィニッシュして同点です。

  吉田は、FC多摩から鳴り物入りで加入した逸材です。 前節に続いて2試合連続ゴールとなりました。 これは期待を越えて、並外れたストライカーです。 頼もしい15歳ですなぁ。

  追いついた時にはまだ残り時間がありましたが、結局勝ち越し弾は生まれず、残念な引き分けとなりました。
  これで5年ぶりのプレミアリーグは、初戦が負け、2試合目は最後に追い付かれて引き分け、第3節は0-2から同点に追いつきました。
  「(追い付くことは) なかなかできることではないですし、逆転となればなおさらパワーがいるので、そういう意味ではよく頑張ってくれたとは思います。 これを継続しながら、次こそは勝ち点3を獲る」 と柳澤監督は語っています。

  それにしても、この試合のスタメンも4人の1年生が名前を連ねていました。 左サイドに入った3年生の小笠原(聖)以外は、FW吉田、右SHに平島、ボランチに大貫と福岡を配置しており、攻めを担っているのはほとんどが新1年生という顔ぶれです。

  皆、中学時代から逸材と言われてきている選手たちです。 それぞれがチーム内の競争を勝ち抜いて獲ったポジションなのでしょう。
  監督は 「今はスタメンの中に1年生も多く出場している中で、少しフィジカル的な部分では目をつぶりながら、アントラーズらしい良い守備から良い攻撃(中略)を体現できる選手だと思って使っていますし、もう少し身体ができてくれば、もっと強度の高いゲームができるかなと思っています」 と語っています。

  着実にステップアップしていくであろう新1年生です。 もう少し辛抱して起用すれば、勝負強さが身に付いてくるに違いありません。
  トップチームに2種登録している徳田と松本が加われば、もっと強い鹿島ユースが見られるでしょう。

  彼らは、アントラーズの未来を担う選手たちです。 相手は強く、レベルの高いチームばかりですが、その中でプレーし、経験を積めることは、何より有意義なことです。
  若鹿たちの奮戦は、アントラーズの未来に繋がっていきます。 彼らを温かく見守り、熱く応援していきましょう。 次節の横浜FC戦も楽しみです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-04-24 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR