fc2ブログ
鹿島アントラーズ

横浜F・マリノス戦 レビュー

  試合の感想はおおむね昨日のとおりです。 座席が遠くて低いため、見づらい日産スタジアムでしたので、現地でわからなかった細かい部分を録画で見直しました。 6試合負けなしの好調横浜に勝てた要因を検証してみました。

開始前      一点目

  まず、スタメンを見て、GK佐藤、左SBの源、右OHのカイオにいささか不安を覚えました。 しかしながら、そのカイオが前半、早々にフリーでファインゴールを決め、佐藤がマリノスの前半唯一ともいえる決定機を防ぎました。 鹿じい的には誤算ともいえるこの2点が大きかったですね。 攻守にわたり、チームに安定とリズムをもたらしました。

  二つ目は試合を通して、4-4のブロックを敷いて、相手に前を向かせない、決定機を作らせない守備が連動してできていました。 特に相手のサイドのプレーヤーを金崎とカイオが潰していたのが良かったです。 カイオはこれほど守備ができるとは思っていませんでした。 西もしっかり守備をしていたので、勝利に貢献できましたね。
  カイオと満男と聖真は、今季16試合中で、最高のキレがあったのではないでしょうか。

  三つ目は攻撃面ですが、選手全員にミスが少ないうえ、運動量とインテンシティが高いものですから、ショートカウンターがはまり、早いサッカーが展開できました。 岳がタクトを上手く振り、聖真と赤﨑のシュートにつながりましたね。
  得点場面以外でも3回ほど決定的なシーンを作れていました。 岳は頬がこけ、目の下にはクマができていましたが、攻撃の中心として君臨していました。

山村      赤﨑

  四つ目は選手交代です。 ケガをしたジネイに代え、ヤスを入れました。 おそらく調子の良いカイオと身体を張ることのできる金崎を残しかったのでしょう。
  次は、守備の負担を減らし、攻撃に直結するよう岳をひとつ上げる策を打ちます。 聖真に代えて山村をCBに入れ、少々不安定だった青木をボランチに上げました。
  その後、金崎の運動量を見切って赤﨑を投入し、3点目をゲットしました。 本当に狙ったのか、運なのかわかりませんが、驚くほど交代策が当たりました。

経過      聖真

  鹿島の勝ち星は、まだまだ五分で7位です。 次の川崎フロンターレにも勝って、1stステージを気持ちよく終えましょう。 どこのチームも何かを成し遂げたわけではありません。 昨日のような戦い方を継続し、失点しないようにすれば、2ndステージの優勝や年間3位以内もみえてくると信じています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-06-21 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR