fc2ブログ
鹿島アントラーズ

明日は浦和レッズ戦

  昨夜遅くに北海道から帰り、今日一日、疲労でボーっと過ごしています。 ようやく夕方になって、頭の中を鹿島モードに切り替えようと懸命になっているところです。

  鹿島は、本当に負けられない戦いが続きます。 明日は浦和レッズ戦です。 4年前までは、大のお得意さんだったのですが、ペトロヴィッチ体制以降は2分5敗と全く勝てなくなってしまいました。 ペトロヴィッチ広島には、これほど勝てないことはありませんでしたが・・・!?

  一昨日にも書いたので重複してしまいますが、浦和の攻撃の特色は、大きく二つのパターンがあります。 遅攻では、ボランチの阿部が下がり、DFライン4人でボールを回しながら、引き出す動きを続ける5トップに目がけてロングボールを蹴り、シュートまでやり切ります。

  また速攻では、サイドに展開している4人のうち一人にボールを預け、攻撃のスイッチを入れてバイタルエリアへ大勢が殺到する戦術をとります。

  これらの展開に対し、鹿島は数的不利の状況を作らない対策が必要となりますね。 昨シーズンは、ボランチの二人がDFラインに戻ることで、何とか引き分けにしていました。

  明日も同じやり方をすると思いますが、守備能力の高い山村をボランチに起用して、状況に応じてDFラインを5枚にできるとよいですね。 また、その前でもOHと満男がしっかりと3枚ブロックを作り、ミドルシュートをケアしたいものです。

 同じ轍は踏まないと思いますが、1stステージでは、前掛かりになったところでのミスから逆転されました。 浦和には、6割以上ボールを持たれると思いますが、我慢強い守備意識が大切です。

  鹿島が点を取るための戦術は、敵の縦パスのインターセプトを狙ったり、CKからのこぼれ球を拾ったりして、速いカウンターを仕掛けるなど、相手のDFが手薄のうちにスピーディに攻めたいです。

  もう一つは、アタッキングサードの高い位置からマイナスのパスや短いクロスで、敵を後ろ向きにさせる攻撃を仕掛けたいですね。

  浦和にボールを多く持たせても、気持ちよくサッカーをさせてはダメです。 チーム全体で相手へ圧力をかけましょう。 調子づかせると大げさな転倒や、手や口のちょっかいを出し始め、好き勝手にするでしょう。 挑発にはくれぐれも乗らないよう、辛抱強い大人のメンタルも必要となるでしょうね。

  希望スタメンは守備に力点を置くという考えで、次のとおりにしました。

FW     聖真  金崎
MF   岳       ヤス
MF     山村  満男
DF 山本  源   植田  西
GK       ソ ガ 

  赤﨑は負傷で、練習は別メニューのようですね。 スタメンには、走れる豊川も起用したかったのですが、J3のU-22選抜として、水曜日の試合に植田と共にフル出場したとのことです。
  45分間出場した鈴木優磨とともに、この大事なときに迷惑な話です。 どこかで、鹿島を優勝させたくないという思惑が働いているとしか思えませんよ (・・・被害妄想ですかね?)。

  もちろん早く先制点を取りたいのですが、相手の守備は固いので、試合の終盤で決着をつける戦いをしたいです。 カイオは、後半途中からの投入を希望します。 相手の脚が止まりかけたところへ、ペナルティーエリアへドリブルで入って行き、マイナスパスに、味方が合わせるという 「渾身の一撃」 を頭に描いています。

絶対勝つぞぉ~ 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-09-25 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR