fc2ブログ
鹿島アントラーズ

鹿島の守備の課題

  昨日は、 「下位のチームは、技術力で敵わないならその分、少しでも鹿島より多く走り、気迫や玉際で負けないという信念で立ち向かってくるので、そのアグレッシブさに押されてしまう」 という話を書きました。
  付け加えれば、広島、浦和、湘南といった攻撃的な3バックのフォーメーションを敷くチームに対しても、ほとんど勝てていません。

  勝敗を分けた要因は様々ですが、前節の湘南戦のように、戦前から想定していたにも拘らず、相手の戦法に対応できずに敗退した試合も少なからずありました。

  以前からの持論ですが、現状の鹿島のボランチを含めた守備力では、リーグ戦では優勝争いができないのではないのかという思いに突き当たってしまいます。

  過去に何度も書いていますが、ここ数年、アントラーズの守備の弱点は、ボランチに守備を不得意としている選手がいることです。 岳が起用されるようになってからは、ダブルボランチとして満男とコンビを組んでいます。
  それまで満男は、中田浩二や青木など、必ず守備力がある選手との組み合わせでした。 このバランスがとても大切だったと思います。

  センターバックもポテンシャルは高いのですが、源、ソッコ、植田のいずれも、修羅場をくぐった経験が少ないです。 右サイドバックの西は、最近守備にも頑張っていますが、もともと攻撃が得意な選手で、監督に起用され続けています。

  こういう鹿島の選手構成ですので、前節の湘南戦のように5~6人が湧いて出てくるような攻撃を仕掛けられたり、ボランチ以下の守備陣へ厳しいフォアチェックをされると、守備陣型に乱れが生じて、対応が遅れたり対処方法が混乱したりして、失点に繋がることがありました。

  仮の話ですが、来季も補強をせず、今のメンバーのまま闘うのであれば、相手の戦法によっては、3-4-2-1か3-4-3といった守備ラインに重点を置いた戦法がベターではないかと考えています。 そして、ボランチの一人には必ず、守備力が高い選手の起用を求めます。

  守備ラインもCBを3人にすれば、経験不足や数的不利を多少でも克服できるのではないでしょうか。 失点数を減らせれば、もっと勝点を積み重ねられると思います。

  ただし今季は、ナビスコ杯決勝とリーグ戦の2試合がまだ残っていますので、3バックはとても間に合いませんね。
  残り試合、選手たちはどんな場面でもクールに頭を働かせながら、出来ることを熱く100%以上にやり切ってください。
  それが真の 「鹿島らしさ」 であり、勝利への一番の近道だと信じています。 3試合を何としても全勝するよう、鹿島の神のご加護を願っています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2015-10-26 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR