fc2ブログ
鹿島アントラーズ

宮崎キャンプは7日目と 鹿じい闘病記

  鹿島の宮崎キャンプは6日目が終了し、選手たちは大きなケガもなく順調な様子で、ホッとしています。

  昨日は午後から、宮崎産業経営大学と今季初の練習試合を行い、平戸と中村のゴールで勝利したようです。 石井監督は、昨季の主力組を分散して起用し、新加入やサブ組をしっかりチェックしていますね。

  今年は公式SNSが進化・充実し、試合映像までアップされました。 宮崎まで行けない者にとっては、ゴールシーンも見ることができて、嬉しい限りです。

  山本が午前練習で腰を痛めたため、練習試合を回避しました。 問題の左サイドバックというポジションですが、2本目までは田中、3本目は平戸の二人の新人が試されたようです。
  田中はドリブル突破で好機をつくり、平戸は戦況を読みつつ前線に上がって、こぼれ球に詰めて先制点を挙げていました。

  田中や平戸にSBへのコンバートを推奨した身としては、こうして活躍してくれれば嬉しいです。
  OBの新井場氏は代理人の資格も取得し、さぞかしご多忙だと思いますが、臨時コ―チとして若鹿を特訓して貰いたいところですよ。 今からでもやってくれないかなぁ。

  さて、今日は鹿島ネタもガス欠ぎみなので、話題を変えましょう。 生死の境から生還したという話は以前に書きましたが、鹿島サポの皆様が今シーズンも元気に応援できるよう、参考までに急性心筋梗塞について少しお話ししたいと思います。

  急性心筋梗塞とは、心臓に栄養を送る血管が突然詰まって、心臓の筋肉が壊死してしまう病気です。 日本人の死因第2位を占め、3人に1人は、全く前兆がなく発症するそうです。 松田直樹さんや天海祐希さんなど、最近では肥満ではない若い方も多いと聞きました。

  鹿じいも、まさか自分が発症するとは思っていませんでしたよ。 倒れる1ヶ月前に健康診断を受け、血圧は上が130で、何一つ問題ないと言われたばかりでしたし…。
  ただ、無類の麺好きで、ラーメン・うどん・そばのつゆは最後まで飲み干していましたし、醤油やソースはダバダバかけて、塩コショウの効いたしっかり味が大好きでした。 これがボディブローのように効いていたのかもしれません。

  そして、その日は突然やってきました。 急に胸が締め付けられるように苦しくなり、立っていられなくなりました。 横になっていても収まらず、近所の医者に行こうとしたところ、その日は休診日だと気がつきました。

  この時には、まさか自分の心臓が詰まっているなんて想像もしませんでした。 それでも収まらないので、何となくヤバいという気持ちになって、躊躇しながらも救急車を呼ぶことにしました。

  結果的には、この判断が命拾いに繋がりました。 実は、かかりつけ医は休診ではなく、曜日を勘違いしたために119番に通報したのでした。
  そうでなければ、無理に歩いて出かけて、途中で行倒れていたかもしれません。 急性心筋梗塞は早い処置が重要で、発症後1~2時間が勝負だそうです。 今回、予備知識として、病気を知っておくということも大切なことだと思い知りました。

  長くなりますので、この続きはまたゆっくり書くことにします。 初体験のことばかりで、「事実は小説より奇なり」 の連続でしたから。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2016-01-24 : その他 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR