fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ドーハの歓喜

  いや~、良かったぁ! ホッとしましたよ。 手倉森監督以下、鹿島色の濃いチームでしたから、負けてしまうと選手のミスや采配に罵声が浴びせられ、鹿ファミリーが戦犯になりかねませんでした。 年寄りの心配が、取り越し苦労となって、本当に嬉しいです。

  リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権準決勝、日本はイラクを下して、6大会連続の五輪出場を決めました。  
  五輪出場は難しいとか、厳しいとか言われた 「谷間の世代」 の選手たちが、因縁の相手に因縁の地で、歴史を 「ドーハの歓喜」 へと塗り替えてくれました。

  辛抱強く闘えば、きっと勝機は巡ってくると信じていましたが、櫛引、植田、遠藤を中心とした粘りの守備が良かったですよ。

  マスコミは、カウンターで鈴木が左サイドを駆け上がって出したクロスに、久保が飛び込んで先制したことと、アディショナルタイムに原川が決めた劇的なゴラッソを褒めると思います。 数少ないチャンスをモノにしたのですから、称賛は当然でしょう。

  しかし、鹿じいはひねくれていますので、まず守備陣を褒めたいと思います。 DFラインは、奈良がやや不安定な守りを見せましたが、SBとボランチ含めて、よくイラクの圧力に我慢したと思いますよ。
  前半43分、イランのCKを鈴木がクリアミスをして、GK櫛引が2度弾きましたが、そのこぼれ球を押し込まれた失点シーン以外は、何とか踏ん張れました。

  後半早々の櫛引のセーブは見事でしたね。 あのようなプレーの積み重ねが、勝利を生むということを改めて教えてもらいました。 鹿島でも、曽ヶ端と競って、正GKの地位を奪って欲しいものです。

  この試合は、南野がイマイチ機能せず、原川もパスミスとプレースキックの精度の無さが気になりました。 どちらも交代で下げたほうがよいのではないかと見ていました。
 実は、この前のイラン戦でも、中島がドリブル突破できずにボールロストを繰り返していたので、鹿じいは交代を望んでいました。 しかし、手倉森監督は素人とは異なる判断をしましたね。

  その結果、イラン戦では中島が2得点し、、昨日は原川が決勝弾を決めました。 テグさんには奇跡のストーリーが見えていたのでしょうか。 プロの眼力は凄いものだと、感服いたしました。

  手倉森監督は試合後 「しびれましたね」 と発言していましたが、前線がボールを収められない中で、痺れを切らさなかった采配を褒め称えたいと思います。

  U-23アジア選手権の決勝は、30日に韓国と対戦することになりました。 ロンドン五輪の3位決定戦では、韓国に負けています。
  今回は、コンデションがよくフィジカルが強い選手を中心に起用して戦えば、勝算があると考えています。 テグさんのビックリポンな手腕に期待しています。

がんばろう 鹿戦士!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2016-01-27 : 鹿島アントラーズ・日本代表 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR