fc2ブログ
鹿島アントラーズ

NYC開幕、アビスパ福岡戦

  ニューイヤー杯の宮崎ラウンドが開幕しました。 新生鹿島は、J1に昇格したアビスパ福岡と対戦し、2対0で初戦勝利を飾りました。

  新人研修のため翌日からチームを離れる町田、田中、平戸、垣田のユース昇格組が、スタメンで起用されましたね。

  メンバーを確認しながら、岳の10番はまだ馴染めないなぁ・・・とか、ジネイの調子はどうかなぁ・・・などと考えていたら、試合はいきなり動きました。

  ペナルティエリアでパス回しをしていた福岡に、垣田が猛然とプレッシャーをかけると、パスを受けたキム・ヒョヌンはあわててクリアしようとします。 なんと垣田は、そのボールをうまく足に当て、ゴール上に突き刺しました。 ユースでも見せていたしつこいプレスですが、この先制点には唖然としました。

  その後も、前半は3回ほど決定機を作りますが、得点には至りませんでした。

  後半も垣田のクロスに、遠藤がキーパーを交わしてボレーシュートを放つも、DFに止められ決定機を逸します。 それでも68分に、源がインターセプトから一気に攻め上がり、赤崎のマイナスの折り返しに合わせて追加点を挙げました。 この試合ではシュート意識も高く、今年の源は一味違う!?・・・と期待させてくれますね。

  福岡の仕上がり具合がどの程度なのか分かりませんが、鹿島は昨季の終盤で見せたハイプレスを仕掛けて、攻守で主導権を握れていました。
  新人4人も、昨季のスタメン組に守られて入ったせいか、良いパフォーマンスを出せていました。 特に垣田の運動量とヤスに出したクロスは秀逸でしたね。
  平戸も果敢にサイドチェンジをしていましたし、源に出した浮き球のパスは新人離れした良いプレーでした。

  町田は相手の攻撃が不発に終わったので、評価を割り引かないといけませんが、プレー振りはさすがにユース代表選手です。
  最後に田中ですが、本来のポジションではないので、評価しづらいのですが、足もとの技術は確かなものを持っています。
  あとは上下に動くタイミングや主体性を持ったパス回しができるようになれれば、合格ではないでしょうか。 山本の動向によっては、起用される確率が最も高いので、がんばりましょう。

  昨季のスタメンやサブ組は、50パーセント位の仕上がりだと思われますが、随所にさすがという味を出していました。

  心配なのはジネイです。 スカパー!の画面では当初、年齢22歳と表示されていました。 えぇ~っ!! 岳より若かったっけ?(笑)。 スカパー!さん、勘弁してくださいよ・・・。

  それにしても、どうも運動量が足りませんね。アタッキングサードを縦横に駈けずり回れないことと、簡単にボールを叩いては、ボールロストするので、周りの味方が攻め上がるタイミングが取れず、難しそうでした。
  これから調子を上げて、今季の主役の一人になって貰わないと、リーグ優勝は厳しいと考えていますので、がんばってほしいですね。

  もう一人、心配なのは高崎です。 残り30分でピッチに立ち、攻守でどのように仲間に絡みたかったのか分からないまま終わってしまいました。 昨季、鹿島で半年サッカーをやって、選手の動き、クセは分かっているはずですが・・・。
  85分には、左サイドからのクロスを、満男がヘディングで落とし、鈴木がダイレクトシュートを放ちましたが、オフサイドポジションにいた高崎に当たってしまい、ゴールとはなりませんでした。 デジャヴかと思いましたよ。 ACLの再現をお願いしたいものです。

  最後に、永木は別メニュー、ソッコと聖真の練習は半分程度の参加、杉本は基本練習のみの参加、カイオと伊東は練習場にもいないと聞きました。
  大丈夫なのでしょうか? 石井監督はそれぞれ軽症だと言っていましたが、心配ですね。 開幕までには、揃ってコンディションを整えてくださいよ。 全員で闘うぞぉ~!

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2016-02-01 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR