fc2ブログ
鹿島アントラーズ

選手のケガが心配 & 荻窪周辺の散策

  昨日は、選手たちに何点取ってほしい!と勝手なお願いをしてしまいました。 もし、皆さんのイチ押し選手が外れていたとしたら、申し訳ありません。 じじいの独断と偏見ですから、笑って流していただきたいと思います。

  いずれにせよ、選手にとって活躍の大前提は病気やケガをしないことです。 古来、無事是名馬という言葉の通り、フルにプレーができないのであれば、どれほど素質があっても名選手とは呼べません。
  あまり情報が出てきませんが、NYCに参加できなかった永木、カイオ、聖真、伊東、ソッコのケガの状態はどうなのでしょうか。

  カイオは、昨季のキャンプも怪我で離脱しており、開幕の頃はコンディションが上がりませんでした。 先日の千葉戦では、テレビカメラが手倉森五輪代表監督を抜いた時に、観戦中のカイオも映ってましたよ。 昨シーズンのチーム得点王ですから、とても心配です。

  選手たちは、合宿から鹿島へ戻り、月曜日から練習を再開しているようですね。 何とか万全の体制で、讃岐戦、水戸戦では各々雄姿をみせてもらいたいです。

  さて、鹿島ネタは今日も乏しいです。 病院の指導により有酸素運動を勧められている鹿じいは、日々散歩に努めていますので、リハビリの記録を残すことにします。

  先日は、杉並区荻窪周辺を歩いてみました。 荻窪駅を基点に一部バスを利用し、まずは井草八幡宮へ向いました。 周辺は土地区画整理碑が象徴するように、整然と広い道路で仕切られたきれいな町並みが続きます。

  井草八幡社は旧上・下井草村の鎮守です。 境内からは縄文時代中期の住居跡や多くの土器が出土しています。 古代から人が住みやすい土地柄だったのでしょうね。

井草八幡1      井草八幡2
小正月だったせいか、参詣者が多かったです。
井草八幡3      井草八幡4

井草八幡5      井草八幡6

  井草八幡社から300メートル先にある善福寺池です。 善福寺川の水源です。 冬の渡り鳥がたくさんいました。
善福寺公園1      善福寺公園2
善福寺池下の池:池の半分以上がアシに覆われ、野趣に富んでいます。
善福寺公園3-1      善福寺公園3-2

善福寺池上の池:大きな池です。 いきなり渓流の宝石と言われるカワセミが出迎えてくれました。
善福寺公園4      善福寺公園3-3

善福寺公園5      善福寺公園6

善福寺公園7      善福寺公園8

善福寺公園3-4      善福寺公園3-7

  大和市 (おおわし) 神社:大正14年に仕留められた鷲があまりにも大きかったため、ご神体にして社を建てたそうです。 写真では分かりづらいのですが、その大鷲のはく製を写しています。

大和市神社1      大和市神社2

  善福寺池畔にあった善福寺は大地震により崩壊したと伝えられます。 現在の善福寺は福寿庵が昭和17年に改称したものです。

善福寺      善福寺2

石仏      荻窪八幡9
   
  荻窪駅へ向う途中にあった荻窪八幡神社です。 旧上荻窪村の鎮守で、創建は1100年前と伝えられています。 太田道灌が植えたと言われる 「道灌槇」 がご神木です。

荻窪八幡1      荻窪八幡2

荻窪八幡3      荻窪八幡4

荻窪八幡5      荻窪八幡6
     
  妙正寺川の水源にも足を延ばしてきました。 妙正寺池は小さなものですが、多くの水鳥の飛来地となっているようです。
妙正寺1      妙正寺2
妙正寺と妙正寺池
妙正寺3      妙正寺池1

妙正寺池2      妙正寺池3

  杉並区荻窪周辺を歩いてみると、街並みが碁盤の目のように整然としています。 妙正寺池へ向う地域も、区画整理事業を実施したことが分かります。 きれいな街並みが続いて羨ましい限りでした。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016-02-09 : 文化財 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR