fc2ブログ
鹿島アントラーズ

ヴィッセル神戸戦を追想

  非常に気持ちの良い週明けを迎えています。 東日本は朝から本降りとなりましたが、鹿島サポは雨にも負けず勉学やお仕事に精を出せたに違いありません。

  昨夜は、呑みながら試合を見返しました。 ライブでは音量を下げているので、福田さんの解説はほとんど聞いていないのですが、聞いてビックリ! 的外れで耳障りでしたなぁ。 実況の桑原さんの方がよほど冷静に分析し、的確なコメントでしたよ(笑)。

  前半の鹿島は決定的なチャンスが作れませんでしたし、GK早川のハンブルや自陣低い位置で仲間のパスが引っ掛かったりと、危ない場面を作ってしまいますが、運にも助けられました。

  そんな前半でしたが、解説者はもっとプレスに行くべきだというようなことを語っていましたなぁ。 しかし選手は意図して、むやみに高い位置でプレスを掛けたりボールを奪いに行かなかったのだと私は考えています。
  結果論ですが、これが無失点で折り返すことに繋がり、後半に生きたのだと思っています。

  キープレイヤーである大迫に対しては、マークを受け渡して制限を掛け続けることができました。 それに比べて、武藤への対応が緩かったことは、唯一不満に感じましたなぁ。
  そのため、後半も2度ほど武藤に決定機を作られてしまいます。 しかし、清水主審のご加護によりレッドカードの出なかった武藤は、サッカーの神様からは見放されてしまいました。

  鹿島は、前半での体力と精神力のストックが効き、終盤にあの走りができて、得点に結びついたのだと思います。 試合を通して選手全員のマネジメントが成功したことが勝因でしょう。

  もうひとつは繰り返しになりますが、アディショナルタイムのラストプレーを含めた幸運と、守備のカバーリングが良かったおかげでクリーンシートに終えられた点です。 このふたつが勝利をもたらしたと思っています。

  最後に、勝ったので言わせてもらいますが、上位同士の重要な試合に清水主審をアサインするのはないと思いますよ。
  福田さんは、ファールや警告を出さないことでゲームをコントロールしたと清水主審を褒めていましたが、そもそもコントロールできていませんし、それはまったく違うでしょう。

  サッカーにはルールブックがあり、審判はそれに則して選手を守る義務があるのです。 Jリーグとして統一されたルールの下で、他の審判と同じ基準で適正にジャッジして欲しかったです。
  ましてや、FIFAが奨めている 「肘打ち厳罰化」 が主流となっている今、JFAも今季は厳しく取っています。 それにも拘らず、武藤の意識的ダブル肘打ちにお咎めなしとは、サッカーの神様も唖然としたことでしょう。

  そもそも清水主審は走れないのか、ポジショニングが悪く、鹿島のプレーを邪魔するシーンが多く見られました。 わざとではないと思いますが、審判員が選手のパスミスを誘うのは最低です。
  「90分間、判定基準が一貫しない」 という意味では安定したジャッジを見せ続けられました。 最後は、この主審にも勝ったと、痛快でした。

  さて、5月の連戦はルヴァン杯町田戦と第16節の札幌戦のいずれもアウェイが残っていますが、未完のチームが優勝候補の広島と神戸に連勝したのは大きいです。
  ここから連勝を続け、さらに課題を修正して成長して行きましょう。 あとはチームの底上げを図れれば、強いクラブになっていくと信じています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-20 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

ヴィッセル神戸戦の速報

  よかったです! 負ければ勝点6差に開いてしまう、まさしくシックスポイントマッチを競り勝ってくれました。

  このブログのプレビューでも強敵神戸に勝つためには、相手をゼロ封にとどめて、強固なバックラインの裏のスペースをカウンターで突くしか点は取れないだろうと予想していました。
  選手はその通りにやり切り、ウノゼロでの勝利に 「思い描いた通りだ」 と鹿じいは少々有頂天になっています。 最後まで神戸にやらせないよう、90分間踏ん張り続けたのは選手たちなのですが・・・(笑)。

  途中、危ないミスが散見され、「あっ・・・」 と思わず声が漏れてしまうシーンもありました。 それでも、サポーターの大声援が後押しし、運も味方になったのかもしれません。 周りの選手がカバーし、全員で辛抱強く闘ってくれました。

  MOMは虎の子の1点を獲り、リクシル賞をもらった濃野でしょう。 ゴールへの嗅覚とシュート精度の高さは、新人とは思えない凄さを感じます。

  当初、鹿じい賞はクリーンシートに徹した全選手に贈りたいと考えましたが、一人に絞るとなると、終盤のバテた時間帯で優磨のキラーパスに反応し、ダイヤゴナルに走ってシュートを放った名古に差し上げたいです。
  あのこぼれ球が濃野のゴールに繋がったのですから、LIXIL賞の半分をもらっても良いのではないでしょうか(笑)。 名古がスタメンで出場した試合は高い勝率を誇り、その活躍ぶりがわかります。

  そういえば試合前に知ったのですが、ホームの神戸戦は11年間勝てていなかったそうですね。 確かにそう言われればそうかもしれませんが、それほど長い間勝てていなかったとは驚きです。

  昨季ホームで5失点した挙句、ダブルを喰らうという屈辱を少し晴らすことができました。 細かい試合内容は改めて書くことにして、今夜は優勝候補の神戸と勝点が並んだことを喜びましょう。
  これから祝勝会をしながら、試合を見返してみようと考えています。

  今日も2万余のサポーターが集まり、応援もメリハリが効いて最後まで素晴らしかったです。 みんなでこの喜びを分かち合い、美味い酒を呑みましょう。 お疲れ様でした。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-19 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は第15節 ヴィッセル神戸戦

  明日は、「ハンパない大迫」 を擁するヴィッセル神戸戦です。 ここまで9勝2分3敗、勝点29で首位に立っています。
  断トツで独走している訳ではありませんが、24得点10失点という数字が示すように攻守のバランスが良いチームです。 なかなか崩れることが無く、現在4連勝と好調です。

  代表クラスの選手が多くいる中で、その中心を担っているのは大迫と武藤です。 いずれもシューターであり、最後の組み立てにおいても、非常に秀でている選手です。
  この2人を自由にさせてしまうと、キラーパスやドンピシャクロスを最終ラインのギャップやスペースへ放り込んできます。

  明日神戸に勝つためには、執拗にこの2人をマークし、プレーに制限を掛け続けなければなりません。
  どちらもポストプレーが上手いので、きっちりマークを受け渡して、相対する選手はファールぎりぎりのところで潰しまくりましょう。 そうすればGKと1対1を作らせずにゼロ封できると考えています。

  ボールを持たせて、パス交換され続けられても、大迫もしくはムトゥに渡ったところで強気に潰せるメンバーを次の通り希望します。

FW         鈴 木
MF  仲 間   名 古   師 岡
MF      佐 野  知 念
DF 安 西  関 川  植 田  濃 野
GK          早 川

  控えは、チャヴリッチ、松村、樋口、パレジ、柴﨑、ライコ、山田とし、総力を挙げて連戦を乗り切りましょう。
  交代選手は試合展開に応じて賢いプレーを選択し、全体の強度を落とすことなくアグレッシブに闘って、勝利に貢献してください。

  殴り合いに持ち込まれては絶対にダメですよ。 勝つためには、クリーンシートで終えることです。
  辛抱強く相手に制限を掛けながら、カウンターを狙い続けましょう。 最終ラインの裏を狙えば、勝機は出ると確信しています。

  昨季チンチンにされた屈辱をバネに、前年王者をへこましてやろうじゃないですか。 賢い走りから、賢く動いて勝つサッカーを期待しています。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-18 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

第14節を終えて

  試合開催条件も不利な中、難敵のサンフレッチェ広島に勝てました。 ホッとしたのはもちろん、一人でものすごく盛り上がっています。 ヴェルディ戦の後の周囲の空気が噓のようですね。

  あれほど選手やフロント・スタッフをこき下ろしていたサポーターは、今頃どうしているのでしょうか。 息をひそめて隠れているのか、手のひらを返して賛美しまくっているのか、いずれにしろみっともないです。
  自分を含めて、これらを見ていると 「たかがサッカー、されどサッカー」 なんだなぁ・・・と、つくづく感じて可笑しくなります。

  さて、第14節のおさらいを大雑把に書き留めておきます。 鹿島は第12節柏戦に勝利して3位に浮上し、前節では東京Vに3点差を追いつかれ、一昨日は広島に快勝と、たった10日の間に色々なことが起こりました。
  サポーター心理は高速エレベーターのごとく、上がったり下がったり激しい乱高下を見せましたが、順位はず-っと変わらず3位のままです。

  上位の2クラブも相変わらず、大迫はハンパないですし、町田も強いという印象を受けています。 それでも、鹿島は広島から勝点3を奪えたことが大きく、首位と2位から引き離されませんでした。
  これでいいのです! J1リーグは中盤戦に突入しましたが、未完のチームとしてはここまで十分な結果と言えるでしょう。

  5月の5連戦という前半戦最大のヤマ場の真っ最中です。 2日後に迎える神戸戦は、大一番であることに違いありません。
  まさしく天王山と呼ぶにふさわしく、この頂上決戦を押さえられるかどうかが重要となりました。 広島戦で見せたメンタルを持って、是非とも勝利を収めたいものです。

  他会場の結果は、優勝候補の一角に挙げられている横浜FMが新潟に完敗しています。 ACLで死闘を繰り広げているので、Jリーグで苦戦するのは仕方がありません。
  25日に行われる決勝第2戦は、是非ともベストメンバーで全力を注いでもらいたいです。 頑張ってください。

  久々に、ボトムスリーに目を向けてみましょう。 18位だった鳥栖が川崎に大勝し、自動降格圏から脱しました。 片や、元鹿島戦士のミンテやスギちゃんが所属する湘南は、柏に競り負けて18位に落ちています。
  ここまでチームを引っ張ってきた豊川が欠場となった京都は、浦和に完敗し、4連敗でドン尻となりました。 残留争いは、1勝の重みが大きいです。 どちらも残留目指して頑張って欲しいものです。

  上位と下位の勝点差が少しずつ拡がってきました。 折り返し地点まで、あと約一月ほどです。 どのような様相になっていくのか、楽しみですし、恐ろしさも秘めています。
  このまま、何とか首位に勝点3以内で喰らい付いていられることを願っています。 目の前の1試合を必死に闘うだけです。 次も一丸となって、踏ん張りましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-17 : 鹿島アントラーズ・全般 :
Pagetop

サンフレッチェ広島戦を追想

  いやぁ、昨夜も選手に感謝しながら美味い酒が呑めました。 有り難いことです。 呑みながらつらつら勝因を考えたのですが、はっきりした答えは見つからず、「気持ち」 という言葉しか出てきませんでした。

  失意の東京V戦から、中2日で広島への遠征です。 前節の課題を修正するどころか、リカバリーすらままならなかったと思われます。
  それなのに仲間や名古、優磨らの走りを見ていると、そのスタミナは凄いとしか言いようがありません。 前節の悔しさが原動力となって彼らを走らせていたのでしょうか。
  そんなプレーに対し、広島まで届くはずもないのにテレビに向かって拍手し、声援を連発しました。

  ヴェルディ戦では、1失点を喰らっても戦い方をまったく変えることはありませんでした。 裏のスペースをガラ空きにしてまでも、追加点を取りに行こうとしたのです。 そのため、右サイドを徹底的に狙われて失点を重ねてしまいました。

  昨夜も、65分に知念のパスミスから失点しましたが、植田らによる知念への声掛けが効きましたなぁ。
  その後も長い時間攻め込まれるも、スリーブロックを組んで守りの裏のスペースを消す努力をしていました。 これが複数失点を防げた理由ではないでしょうか。

  相手は攻守にわたり完成度の高いチームです。 そんな相手に圧し込まれたとき、まず何をしなければならないのかという答えを全員で共有し、ピッチで表現できたことが勝利に繋がったとみています。
  東京V戦の屈辱があったからこそ、広島戦に懸ける思いは強かったのでしょう。 脚が止まりかけても、判断やボール回しのスピードは落とさないようにしたことも、同じ轍を踏まずに済んだ要因だと感じています。

  もうひとつ、スタメンの交代は引っ張れるだけ引っ張りました。 また、チャヴリッチもSH起用ではなく、CFに入れて全体の守備強度を下げないようにし、カウンター狙いも的中しましたなぁ。

  昨夜のMOMは、終盤にドリブルで高い位置まで持ち上がり、アシストした海舟かなと、試合直後は考えました。
  しかし、先制弾を撃ち込んで勝利への足掛かりを作り、守ってはシュートコースを切り続け、ミスの知念を励まし、最後までチーム全体に声をかけて勝たせるプレーに徹したキャプテン植田ではないでしょうか。

  鹿じい賞は、先制弾のアシストとなった角度のあるドロップボールを蹴り、常に気の利いたポジション取りと効果的な走りを見せてチームを助けるプレーをし続けた名古に差し上げたいです。
  この試合に限らず様々なゴールに絡み、このところの負け無しを支えてくれています。

  中2日のアウェイで、中8日の相手に勝った選手たちは、カッコ良かったですよ。 完璧な試合内容ではありませんでしたが、選手たちの気持ちは十分伝わりました。
  勝った瞬間、テレビの前で 「ひとりオブラディ」 をやっていました(笑)。

  まだまだ未熟なチームと言いつつ、少しずつ成長できているのではないでしょうか。 勝って反省、引き分けても反省、負けたら猛省の繰り返しです。
  次は、中3日で天下取りを懸けた天王山が控えています。 より一層気持ちを引き締め、みんなで賢く工夫して闘いたいものです。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-16 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

サンフレッチェ広島戦の速報

  しっかり勝てて嬉しいです! 3日前があの体たらくで、今日はコンディションも心配されたアウェイ戦でしたから、正直言って勝てるとは思えず、ドローなら御の字だと思っていました。

  ところが、早い時間帯に2得点でき、前節と同じような展開になりました。 見ている方は嫌な記憶がチラつきましたが、選手は前節の教訓を生かし、同じ轍は踏まないという気持ちが見えるプレーぶりでしたね。

  とりわけ、知念のミスから失点した後も前節とは異なり、集中力を保てていたと感じます。 ややオープンにはなったものの、自らの立ち位置のスペースをそれぞれ周りの選手が連動して埋めていました。

  前節の反省を活かして、全員が上手く時間を使い、走り切ってくれました。 これで東京V戦の屈辱を晴らし、あのドローをチャラにできたと思っています。

  強敵広島に対して、勝ちを追い求めて正々堂々と戦って勝った選手たちに拍手です。 おかげで旨い酒が呑めますよ。
  これから勝利の余韻を肴にしながら、今日の勝因を振り返り、ベストプレーヤーを選びたいです。

  週中にもかかわらず大勢の鹿島サポが参戦していました。 鹿じいも行きたかったのですが、新しいピースタはどうだったのでしょうか。 皆さん、お疲れさまでした。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-15 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は第14節 サンフレッチェ広島戦

  鹿島サポーターは、前節受けた屈辱的な思いを拭い切れないまま、モヤモヤした日々を過ごしているに違いありません。 そんな中、明日は早くもアウェイで中2日のサンフレッチェ広島戦を迎えます。

  広島はここまで4勝7分1敗、勝点19の8位です。 第13節の横浜FM戦がACLのため延期となっていて、1試合消化が少ないことから、順位的には鹿島とほぼ同じと言えるでしょう。

  シーズン開幕から11試合負け無しで、前々節、ようやく名古屋に初黒星を喫した総合力のあるチームです。 総得点19,総失点11という数字は、攻守にバランスが良いことがわかる強敵です。

  対戦成績ではやや鹿島が勝ち越していて、旧エディオンスタジアムでも互角の戦績を残しています。 しかし、これまで鹿じいが参戦したときは一度しか勝ったことがありません(泣)。
  カシスタで優勝を決められたこともあり、苦手なチームという印象しかありません。 今季も新加入の大橋が暴れまくっていますし、守備面では有能なベテランを揃えていて、最後まで上位を争うクラブだと見ています。

  前述のとおり、広島は前節試合がありませんでしたから、1週間以上も調整する時間を持っていました。 十分な体力と知力で、練りに練った鹿島対策を施して臨んで来ることでしょう。
  アドバンテージはホームの広島にあります。 今さら小細工をして勝てる相手ではないので、キャンプから積み上げて来たことを地道にやり続けることが勝利への近道となると思っています。

  システム上のギャップが生じる苦手な相手です。 対面する選手に蓋を掛け続ける守りの走りと、3バックの最終ラインの裏を突けるスプリント力を発揮できる選手を次の通り希望します。

FW         鈴 木
MF  仲 間    名 古   師 岡
MF       佐 野  知 念
DF 安 西  関 川  植 田  濃 野
GK          早 川

  控えは、チャヴリッチ、藤井、樋口、パレジ、柴﨑、ライコ、山田を希望します。 チームの総力を結集し、この厳しい連戦を乗り切りましょう。
  交代で投入される選手は、試合展開に応じて全体の強度を落とすことなく、アグレッシブに闘い、賢く勝利に貢献してください。

  連闘でアウェイという大変不利な条件ですが、この大きなヤマ場をしっかり越えるためにも、明日は勝点3を目指して、今やれることをやり切らなければなりません。
  前節の汚名を返上し、このモヤモヤを晴らしてほしいものです。 必ずや勝点を鹿島に持ち帰ることを望みます。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-14 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

東京ヴェルディ戦を追想

  「1993、チャンピオンシップ。 あの日の屈辱は、今も変わらない。 帰ってきた宿敵に、今の鹿島のすべてを、叩き込む。 刻め、新たな歴史を。」 と試合前に煽った公式です。

  今の鹿島のすべてが叩きのめされ、新たな屈辱の歴史が刻まれてしまいましたなぁ。 あまりの出来ごとに力が抜けて、一日中ぼーっとしています。
  それでも次の広島戦に向けて早く立ち直らねばと、3点のリードを守り切れずに負け同然のドローとなった要因を考えてみました。

  前半は、鹿島が完全に試合をコントロールしながら進めていました。 ただ、後半途中から主導権を奪われ、失点を重ねてしまいましたね。

  勝点2を失ったポイントは、ふたつあると考えています。 まずは、あれだけ押していて前半に3点目が取れなかったことです。
  2得点の後も決定機は作っていましたが、全体的に緩んだように見えたのは鹿じいだけでしょうか。 パスが足元から足元になり、相手の背後を突くというサッカーが見られなくなりました。

  ハーフタイムにポポ監督は修正を図り、後半頭から仲間に代えてチャッキーを入れます。 ようやく50分に、リスタートから3点目を挙げることができました。 その直後にも決定的なチャンスを作りますが、追加点は取れませんでした。

  ふたつ目は、選手交代です。 ヴェルディは46分と60分の交代により、サッカーがガラっと変わりました。 鹿島も63分に濃野と師岡を下げ、66分と74分にはそれぞれ名古と知念を交代させました。
  途中投入された選手は、全体の強度を落とすことなくアグレッシブに闘うはずでしたが・・・。

  サポーターからは非難轟々の選手交代となりました。 広島戦を見据えて、早めに交代策を打つことには賛成です。 代えるのが早すぎるとの声もありますが、濃野・師岡・名古、知念はいずれも強度が落ち始めていて、脚も止まりそうでした。

  交代の順番が違うなぁと感じながらも、カードを切るのは間違いではないと思います。 結果論ですが、残念ながら代わって入った選手は、強度を示して流れを変えるようなプレーができませんでした。

  単純に球際での戦いやデュエルで負けてしまったことが失点の要因だとは思いますが、それ以上にあの場でやるべきことが分っていないような印象を受けました。 サッカーIQというべき 「賢さ」 も足りなかったと感じています。

  この結果に対しサポーターが、使える選手が足りないとかフロントに責任を取れと言うのは簡単です。 しかし、予算に限りがある中で強化部がハイスペックな有能選手を獲ってくることは簡単ではありません。
  さらには素人が、自分の応援しているクラブのプロの選手に対して、能力を全否定する発言はダメですよ。 今いるメンバーに成長してもらうしかないのです。

  選手全員が持っている力を100以上出せるよう、ポポ監督には途中交代の選手にもタスクを明確に示してほしいです。 サブメンバーに主力組とまったく同じことを求めれば、質が落ちてしまうのは当たり前です。
  そうではなく、後半のその時間で何をすべきか、その選手の強みを生かしてどう動くのか、周りと連動しながら頭を使って動いてもらいたいと思います。

  広島戦でどこまで立て直せるかが、早くも今シーズンの試金石となります。 鹿島はこのままでは終わらないところを、見せてやろうではありませんか。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-13 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

東京ヴェルディ戦の速報

  アディショナルタイムに茫然自失となりました。 「ヴェルディ劇場」 というウワサは聞いていましたが、まさか3点リードを追いつかれるとは・・・。
  試合が終わり、あっけにとられて何も考えたくないと、即刻ふて寝を決め込みました。

  今日は13時キックオフのため、恒例の昼寝ができていません。 そんな時はいつもパタッと寝られるものなのですが、今日はあまりの衝撃でまったく眠れませんでした。 仕方ないので、渋々起きてしまいましたよ(泣)。

  前半は完勝と思われる試合でした。 しかしながら、あの状況で3点目が取れなかったことが、ハーフタイムの鹿じいには引っかかっていました。
  後半早々に追加点を得た監督の心中を察するに、3点差をつけて良いサッカーをしていたので、中2日後の広島戦のことを考えればできるだけ多くの選手を早めに代えたいと考えたに違いありません。

  ただ鹿じいは、次節のことは次節の話であり、目の前の試合は確実に勝点3を獲るようにすべきだとも思っていました。 結果論ですが、このままスタメンを使い切ってでも勝ちに行くという手も考えましたよ。

  結局、スタメン組も足が止まっていましたから、最後まで出続けていたら同じように失点していたかもしれませんね。 まあ、試合の最中にこんな事を考えているようでは、サポーター失格です。 やはりバチが当たってしまいましたよ。

  残り約25分というところで3失点を喰らいました。 鹿島を応援して30余年、3点のリードを追いつかれたことは、記憶にありません。
  古参のヴェルディサポは、31年前を思い出して優越感に浸っていることでしょう。 それ以外の他サポは、勝負弱くなった鹿島を嘲笑していることでしょうなぁ。

  勝って首位に勝点1差まで追い上げるところでしたから、悪夢としか言いようがありません。 どうしてもっと賢く落ち着いて試合を締められなかったのでしょうか。
  これまでジーコさんを筆頭に、諸先輩方が作りあげてきた鹿島アントラーズというクラブの看板に泥を塗るような屈辱の試合となってしまいました。

  御大の面前で恥ずべきことですが、結果はしっかり受け止めましょう。 本当に選手層が薄いチームですが、次にどう変われるかが大切です。 これで中2日ながらも、広島戦は絶対に負けられなくなりました。

  サポーターも早くこの屈辱を忘れて、次へ向かいたいと思っているはずです。 選手もフィジカルとメンタルの両面をしっかりケアして、もう一度闘ってください。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-12 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop

明日は第13節 東京ヴェルディ戦

  GWというひとつのヤマを何とか最良の結果で越えた鹿島です。 一息ついて明日から再び5連戦という前半戦のオオヤマを迎えます。 初めに迎え撃つのは、かつてのライバル東京ヴェルディです。

  18年ぶりにJ1に戻ってきた東京Vは、負・分・負でシーズンをスタートしましたが、その後9試合負け無しで3勝7分2敗、勝点16の10位に位置しています。
  シーズン前の鹿じい予想ではJ2降格枠かなぁ・・・と思っていました。 しかし染野と林の活躍もあって、上から目線の失礼な言い方になりますが、想像以上の成績で驚いています。

  ハイライトからの印象では、点は取れても終盤に失点して追いつかれる試合が多いようです。 それでも17得点15失点という数字はバランスが良く、これから上位を喰う嫌なチームになる可能性がありますね。

  明日は攻撃の主力である染野と守備の中核の林がレンタル契約により出場できません。 これは鹿島に大きなアドバンテージがあると見ています。

  鹿島はこのところ出せている攻守の圧力を掛け続け、高い位置からのボール奪取を狙いたいです。 前目の選手の調子が上がって来ているので、連動して東京Vの最終ラインを突けると見ています。

  相手に蓋を掛け続ける守りの走力と、敵の最終ラインの裏を突く攻めのスプリント力を発揮できる選手を次の通り希望します。

FW         鈴 木
MF  仲 間    名 古   藤 井
MF      佐 野  知 念
DF 安 西  関 川  植 田  濃 野
GK          早 川

  控えは、チャヴリッチ、師岡、土居、樋口、柴﨑、須貝、梶川としたいです。 チームの総力を挙げて連戦を乗り切るために、早めに交代カードを切り、全体の強度を落とすことなくアグレッシブに闘ってください。
  途中出場の選手には、勝利とチームの疲労軽減という両面で貢献してほしいものです。

  総合力とチーム完成度から見てもまだまだのチームですが、団子レースのJ1リーグです。
  ジーコさんも来日しましたから、日本で気持ちよく過ごしてもらえるよう勝利をプレゼントしなければなりません。 まずはヴェルディから勝点3を獲りましょう。

がんばろう 鹿島アントラーズ!!

ご覧いただきありがとうございます。 応援していただければ幸いです。
    ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

テーマ : 鹿島アントラーズ
ジャンル : スポーツ

2024-05-11 : 鹿島アントラーズ :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まき岩魚

Author:まき岩魚
ぼけ防止のため、大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR